よく読まれています
発達障害もちが低気圧で調子が悪くなるのを考えてみた

なんだか調子の悪くて仕事の進まない日ってありませんか?

私はもともとうつ病体験もあって、気圧と心や体の調子がリンクしていることを実感してきました。

実は発達障害もちの人も低気圧で調子が悪くなるんじゃないかな?

そんなことを少し掘り下げながらお話ししていきます。

スポンサーリンク

発達障害持ちは低気圧で調子が悪くなりやすい

以前は障害者雇用枠で働いたことがありました。2社合わせて約5年でした。

いろいろな特性を持った人がいましたが多くの人が雨の日に欠勤でした。

特に台風が近づいていたり、離れて行っててもう雨も降っていなくても欠勤の人が続出。

私も休んでいたりしました(;´д`)トホホ…

LINEで今日どうして休んだの~?と聞くと返ってくる答えは大体

同僚
体がしんどくて起き上がれないし、仕事出来なさそうなんだよねぇ~…

分かる、しんどい時なんでか天気悪いもんね

こんなやりとりから発達障害もちも雨や台風にめっぽう弱くなることが分りました。

発達障害の特性の一つに「いつもと違うことに弱い」がありますが、低気圧の少しの変化にもなんだかいつもと違うのを察知しているのも要因かなと思います。

逆に言えばそれだけ小さなことにも気づける能力があるとも言えますね。

なんでこんなブログを書こうかと思ったのか、実は私のブログへのアクセス数からちょっと考えられることもあったからです。

私のブログからも分かることが

ちょうど1月7日~8日は爆弾低気圧が来ていました。

Twitterを見ていてもやる気が出ない人、調子の悪い人をたくさん見ました。

正直私もしんどかったです…

ブログもかけずにいましたが、アクセス数を見て見ると少し驚くことが…

少し見づらいかもしれませんが、ガクッと7日からアクセス数が落ちていました。

ちなみに今日はまた伸びだしているので、へこんでいるのはこの2日だけです(;・∀・)

そりゃあね、文字を読む気も失せますよね。(私の力不足もありますが…)

思わずTwitterでも呟きました(笑)

 

スポンサーリンク

低気圧が事前にわかるアプリ

この低気圧が事前にわかるアプリがあります。無料だと明後日までですが、それでも少し身構えることはできるかと思います。

アプリの名前は「頭痛ーる」。本来は名前の通り低気圧からくる偏頭痛をお知らせしてくれるアプリなのですが、体や心の調子も見ることができます。

Web版もアプリ版もあるのでもし気になる方は見てみてください。

ちなみにWeb版はここから飛べますよ♪

「頭痛ーる」

低気圧の時の過ごし方

どうしたって低気圧で調子が乗らない時ってありますよね。

そんなときの過ごし方でおススメなのは

  • 思い切って身をゆだねて冬眠する
  • 周りに説明して、ゆっくりと仕事する
  • ラムネ・チョコレートを1個食べる

1つ目は特に低気圧の影響を受けやすくて、休むことができる人向け

2つ目は前もって「雨の日や曇りの日は調子悪くなりやすい」と報告しておいて当日の仕事量を調整するのがOKな人向け

3つ目はどうしても仕事をしなくてはいけない人向け。ラムネやチョコレートはリラックス効果もあって少し調子が悪いのも緩和されます。

でもバクバクは食べないように。半日に1個がエネルギーにちょうどいいですよ

本音を言えば、全員冬眠してほしい所。でもそうもいかないからちょっとした工夫で何とか乗り切ろう!って魂胆です。

結論:無理はしちゃいかん

あーだこーだ言いましたが、低気圧の日は気合が足りないんじゃなくて、気圧が足りてないんです。

だから出来ない自分を責めずに天気を責めましょう。

いや、本当に。あなたは何にも悪くないから。

少しでものんびり過ごせるような環境作りも大切になるでしょう(゚д゚)(。_。)ウン
おすすめの記事